女性の薄毛(FAGA)はスピロノラクトンとピルで治療できる。これホント。

この記事は約7分で読めます。

FAGAとは、DHTと呼ばれる男性ホルモンが原因で進行する脱毛症のこと。

DHT自体が悪いわけではなく、DHTの影響を受けやすい体質だから発症するって感じ。

DHTの影響を受けやすい原因は遺伝

おとうさん、おかあさん、その両親のうちに薄毛がいるなら、おそらく遺伝してる。

ただ、遺伝してる人全員がFAGAになるってわけでもないんですよね。

そこがワケわからん。

まあ、そんなこと突き止めてもFAGAが治るわけじゃないので、すっ飛ばします。

DHTを抑制するのはスピロノラクトンと低用量ピル

DHTを阻害する医薬品は一応、9種類ほどあるみたいです。

  • スピロノラクトン
  • 酢酸シプロテロン
  • ピル
  • フルタミド
  • 糖質コルチコイド
  • 性腺刺激ホルモン放出アゴニスト
  • プロペシア
  • デュタステリド
  • ケトコナゾール(内服)

でも、副作用の観点からスピロノラクトンと低用量ピルくらいしか服用できません。こんなにいっぱいあるのにね。

スピロノラクトン

 

スピロノラクトンは最近知れ渡った、FAGA抑制薬なんですが、FAGAに効果があったという証拠は発見されていません。

じゃあ、なぜスピロノラクトンを使うのかというと、ニキビ治療に使用されていたから。

実はニキビもDHTが原因なのね。だから、スピロノラクトンも薄毛に効はずと考えられたんです。

スピロノラクトンが薄毛に効くという臨床試験データはまだない。

スピロノラクトンだけ処方して効果があるのかどうかを調べなきゃダメなんだけど…まだやってないんだよね。

なんでなのかは不明。

AGA治療薬はすぐに承認するくせにFAGA治療薬は試験すらしないんだよね。

だいたい考えられるのは…お金。

AGA人口って何千万人っているんだけど、FAGAを対象にすると、グッと少なくなるし、40代~50代の人が多く、正直諦めてる人が多い。

つまり、スピロノラクトンまで使い本気でFAGAを治したい人って数千人程度になるんじゃないかってこと。

そうなると、儲からないのよ。

たったの数千人のために何億も使って臨床試験を行ったとしても、回収できるめどが立たないだよね。

ただの憶測だから、わかんないけど。

まあとにかく、スピロノラクトンがFAGAの治療薬として認められるのは程遠いってことデス。残念ですが…。

ただ、まだクリニックによっては処方していないところもある。

まだ全然調べてないから分からないけど、スピロノラクトンを処方してくれるところは限りなく少ない。

あとで、関東圏内で探してまとめてみますね。

とりあえずわかってるのは、東京ビューティークリニックと肌のクリニック高円寺&麹町のみ。

スピロノラクトンは個人輸入でも購入可能

あたしがお世話になってる、オオサカ堂さんでも取り扱ってる。

ただ、一回病院で検査して自分は服用できるのかどうか確認してから飲んだほうがいいと思う。

検査費用がかかるけど、何mg飲めばいいか分からないと思うし。

あたしみたいな個人ブログで飲んでる人を何人か見かけたけど、尿が止まったから即やめたって人いた。

多分、服用量間違えてるんじゃないかと…

それか…海外製だからmgが適当なのか、別のものが配合されていたか?

いずれにせよ、自己判断で服用できる薬じゃないから、一旦病院行って検査したほうがいいです。

皮膚科とかだと、検査できないし、ニキビ以外で処方もしてくれないと思う。保険が効かないからね。

だから、薄毛治療も行ってるとこでやるのが一番かな。

>>オオサカ堂のハイレス

低用量ピル

低用量ピルは女性の薄毛に有効らしいです。実際にピルを処方してFAGAの治療を行っているクリニックもあるほど。

40歳以下の患者さんには、ピルの内服も良い治療法の一つです。特に抗男性ホルモン作用のある酢酸シプロテロンが配合されたピルは、FAGAに効果的であることが証明されています。

引用:肌のクリニック

ただ、上記に書いてある酢酸シプロテロン配合のピル(ダイアン35)って、フランスで使用停止になったやつらしいのよ。

第3、第4世代の経口避妊薬の血栓リスクについて注意喚起を行っている仏医薬品安全庁(ANSM:the National Agency for the Safety of Medicines)(TOPICS 2013.01.06)ですが、経口避妊薬としても広く使われているにきび治療薬 Diane-35 (含むジェネリック品)の販売を中止(停止)すると発表しています。(3か月で処方も完全停止)

フランスでは、315,000人がこのDiane-35が使用しているのですが、今週、この25年間に125人が血栓関連の病気にかかり、うち4人が死亡していたと報じられ、フランス当局の対応が注目されていました。

引用元:http://www.watarase.ne.jp/aponet/blog/130124.html

これ見ると飲むの怖くなるじゃん?

でも、肌のクリニックの先生はこう言ってる。

その他非常に稀ですが、海外で酢酸シプロテロン(ダイアン・スーシー)を長期服用している方に、肝障害や肝臓がんが報告されています。

ピルによる血栓症(血が固まり、静脈や動脈に詰まる病気)のリスクについては、薬の種類によって3倍から最大7倍程度まで高まることがありますので、注意が必要

例えば、ヤーズは低用量ピルの中では最も血栓症のリスクが高いピルの一つとして知られていますが、過去に国内で14万人処方された患者さんのうち、3名の死亡事故

ただ、14万人中3人というのは、10万人あたり2.1人の死亡数ということになります。統計上は、交通事故での死亡する確率よりも4分の1、喫煙によって死亡する確率より80分の1とされています。

こう聞くと、確かにフランスの31万人中4人死亡は相当確率低いよねってなる。

まあ、酢酸シプロテロンだけがFAGAに効果があるってわけじゃないから、マーベロンとかファボワールとかでもOKらしい。

マーベロンとかファボワールは副作用とかそんなに無いみたい。

女性の薄毛に効果的なピル

第1世代・・・オーソM、オーソ777、シンフェーズ、ルナベル
第2世代・・・アンジュ21、トリキュラー21、ラベルフィーユ21
第3世代・・・マーベロン21、ファボワール21、ダイアン35
第4世代・・・ヤスミン21、ヤーズ

参考:駅前AGAクリニック

上記のうち、第2世代以降が薄毛に効果的らしい。

第2世代以降のピルの中で一番いいのはどれ?

どれでも良いみたいだけど、マーベロン・ファボワールは、第3世代1相性のピルで、男性ホルモンを一番抑制する力が強いらしい。

ニキビ治療にも使われるピルなんですって。

場合によっては、ヤーズもいいみたい。でも、不正出血とかがあるらしいから、ヤーズは外しかなぁ。

ファボワールはマーベロンのジェネリックなので、安くて一番良さそう。

※ファボワール

低用量ピルは個人輸入できる

 

ピルを飲んで、血栓症のリスクは高くなるけど、タバコ吸って死ぬ人より少ないらしいから、多分大丈夫だと思う。

ただ、初めてピルを飲むなら、一回病院行ってどのピルが良いか検査してもらったほうがいいよ。

薄毛治療クリニックだと、保険効かないから、レディースクリニックで生理不順っぽいって言えば保険適用になるから、絶対利用したほうがいい。

健康保険何万も払ってるからねw利用しないと。

病院で検査して、薬決定して、しばらく飲んで定期検診行って大丈夫そうなら、個人輸入で買ってもいいかも。

オオサカ堂に売ってるよ。スピロノラクトンと一緒に買えばいいと思う。

まずは、どのピルを飲むか病院で決めないと。

>>オオサカ堂の低用量ピルページ

FAGAの進行は薬で防げる


まだまだ、FAGAの治療法は確立されてないけど、スピロノラクトンとピルで十分対応可能なんだと思う。

あたしも昔スピロノラクトンのジェネリックだか、コピー品だかわからんハイレスってやつ飲んでたけど、ひどい便秘になって断念した。

分量がわかんなかったから適当に飲んだのが間違い。

スピロもピルも一回病院いって、何が自分に合ってるのか検査してから、個人輸入すべきかな。

コメント